お肌のためには、ムダ毛の自己処理は絶対NG!

ムダ毛の自己処理は、百害あって一利なし!

ムダ毛があっても、まずは自己処理という方は多いと思います。カミソリに除毛クリームに毛抜きなど、手軽にできるのがメリットです。とはいえ、自己処理を続けていると肌荒れや色素沈着や埋没毛になってしまうという大きなデメリットも・・・。お肌のことを考えると、自己処理は決して良いこととはいえません。

ムダ毛の自己処理を続けていると、肌が弱くなってしまいます。
自己処理の方法はカミソリや毛抜きなどいろいろありますが、どれも肌にはあまり良くありません。

実は、肌のことを考えるのであれば、自己処理よりサロンやクリニックで脱毛してしまうことが一番良いのです。

では一体なぜムダ毛を自己処理すると肌が弱くなってしまうのでしょうか。
それは自己処理をする時に、ムダ毛だけでなく皮膚も一緒に傷つけてしまうからなんです。

例えばカミソリを使用したとき、肌に押し付けてムダ毛を剃りますよね。
一見ムダ毛だけを剃っているように思えますが、このとき角質層まで一緒に剥がれ落ちてしまっているのです。
角質層は肌を保護してくれる役割を持つため、剥がれ落ちてしまうと皮膚が乾燥したり弱くなったりしてしまうんですね。

また毛抜きも肌にとって良くありません。
毛抜きで抜く際に毛だけでなく毛根までつけてしまい、炎症を起こしてニキビのような腫れ物ができてしまうことがあります。
そのため、自己処理を一生続けるよりも脱毛したほうが肌に優しいのです。

私はもともとアトピーを持っていたため、自己処理で肌が荒れてしまうことがたびたびありました。
そんな時にこの豆知識を知って、なるほどと思ったのです。

というのも、ムダ毛処理をした翌日は肌が痒くなり、余計にアトピーがひどくなってしまったためです。
自分で処理できるなら脱毛はする必要が無いと思っていましたが、自己処理で肌がさらに傷付く事実を知り、脱毛を検討するようになりました。

脱毛の方法にはいくつかありますが、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛を行う場合は、肌の状態が非常に重要です。

私のようにアトピーで肌が荒れている人は、改善するまでは脱毛を断られてしまう場合もあります。
また、色素沈着が強く残っている場所には照射できないこともあります。
肌の状態によっては施術ができない場合もあるので、皮膚トラブルがある場合は一度クリニックで診てもらった方がいいかもしれません。